-->

伊丹いきものマイスター講座に潜入!伊丹にオオサンショウウオはいるのか!?

IMG_0913_s.jpg
暑くなったり寒くなったり気温が乱高下している2023年の冬です>_<
みなさま、お元気ですか?不定期のみぃ。です。
ちなみにイラストは私が書いたのですが私ではありません(笑)
で、今日のレポとも無関係(笑笑)

スクリーンショット 2023-12-26 103656

12月16日、「伊丹いきものマイスター講座」の「伊丹市におけるオオサンショウウオ、 及びオオサンショウウオ保全 についての話」に潜入聴講してきました!

「伊丹市におけるオオサンショウウオ」???
伊丹のような都市部に清流の主オオサンショウウオがいるのでしょうか?気になります!

講師は(一社)兵庫県自然保護協会調査部長の大沼弘一先生。オオサンショウウオの調査・保全歴40年の大ベテランです。

オオサンショウウオは3000万年前からほぼ形が変わっていない「生きた化石」で、日本書紀にも登場するなどびっくり情報満載!

現在は国の特別天然記念物で、国際的にはワシントン条約で保護されているそうです。

さて、もっとも気になる情報――伊丹市にオオサンショウウオはいるのか?

・・・はい、いましたっ!!
わたしも利用したことのある施設の脇を流れる水路の写真にバッチリ写っていました。

え?こんなところにいていいの?
・・・いいそうです。

なんとオオサンショウウオは地中に張り巡らされている雨水管を移動に使うこともあるそうです。
ということは、わたしたちの足の下(雨水管の中)にオオサンショウウオがいることもあるかもしれないのです!

清流のイメージ、ガラガラと瓦解。(ちょっと残念;)

講座の後はオオサンショウウオの骨格標本(本物)を囲んで面白いエピソードをいっぱい聞きました。講義中はメモに追われて緊張気味だった受講生さんもすっかり打ち解けて、興味津々、質問が途切れずあっという間に時間が経ってしまいました。

幻と思っていたオオサンショウウオを身近に感じられた楽しい講座でした。

で、あのイラストはなんだったのだろう(。゜▽゜)






関連記事