-->

近世と近代と昭和と今?「多田銀銅山コース」を知らず歩く

IMG_20230524_094257_r2.jpg
う~ん。ヒーローは忘れた頃にやって来る。

IMG_20230524_100940_r2.jpg
けど、忘れられてるからなにも起こらない。
と、そんなこと言わずお付き合いください。
東風西走、猪名川町の多田銀銅山跡にやって来ました。


IMG_20230524_101014_r2.jpg
鉱山坑跡の「青木間歩(あおきまぶ)」
改修されて入れるようになったとは知ってましたが、
ご丁寧にヘルメットまで用意されてました。
頭打ちそうな天井あることはありますけど。


間歩だけ見る人、多いんじゃないでしょうか。
間歩の上にはこんなのもあるんです。
IMG_20230524_101119_r2.jpg
と、まあこの辺までは有名として、今日はハイキングコースの開拓ということで
足を延ばします。


IMG_20230524_102045_r2.jpg
いきなり出ました。ステーキではありません。(ステーキ皿には乗ってるかも)
この看板、前からあったんでしょうか。
そう言えば最近ネットで話題になってたと聞いた気もします。
タマゴが高くなった・・・あ、違うか。


IMG_20230524_102535_r2.jpg
元々はここを目指して来たのです。


IMG_20230524_102745_r2.jpg
ここは天然記念物なんですね。
「天然」というと自然のものみたいなイメージですが
歴史遺産とか鉱業遺産とか
あ、産業革命遺産だったか そっちの方の気がしますが


IMG_20230524_102641_r2.jpg



IMG_20230524_104650_r2.jpg
「ハイキングコース開拓」なんて格好いいこと言いましたが
歩いてるのもろハイキングコースです。(日本語がおかしい)
そして「道の駅」に抜けるか白金に行くかですが



IMG_20230524_123854_r2.jpg
白金に抜けて、○オンでランチして、悠久の館に戻ることにしました(そこに車停めたんで)



IMG_20230524_124248_r2.jpg
ここに行きたかったんで。


IMG_20230524_124410_r2.jpg
「らせん階段」
なんの為に作られたんでしょうか
もっともな理由があるかと


IMG_20230524_124449_r2.jpg
下りると、こうなります。


IMG_20230524_110623_r2.jpg

行程の途中を、はしょってしまいました。途中の近畿自然歩道は荒れていました。


IMG_20230524_123815_r2.jpg
立派な看板や道しるべもたくさんあるんですが、ここぞという場面で迷いそうになり
スマフォを頼ったのでした。


IMG_20230524_112614_r2.jpg
白金の「ふれあい公園」
この手の造作物に統一?されてますね。


IMG_20230524_112824_r2.jpg
イナホールには移動図書館が。

なぜか近世と近代と昭和と今が混じったコースです。
家に帰って調べたら、まともにありました

関連記事