-->

サポーターズクラブ遠征研修(いえしま自然体験センター)レポ

スクリーンショット 2022-11-22 103735

サポーターズクラブ遠征研修
今年は姫路の家島諸島・西島にある「いえしま自然体験センター」に行って来ました。


IMG_20221114_093905_r2.jpg
宝塚から貸切バスに乗って姫路港へ
月曜とあって早くに出発しましたが、混むこともなく港に到着。
船も来ていたので早めに出発します。


IMG_20221114_102021_r2.jpg
西島には定期の直行便はありません。他の島経由となります。
今回は船をチャーター。船は1隻片道いくらの料金だったので定期便を乗り継いでより
安かったのでした。


IMG_20221114_103340_r2.jpg
早速、西島の植生観察です。
北摂里山大学でお世話になっているひょうご環境創造協会の栃本さんの解説を聞きながら
「いえしま自然学習センター」に向かいます。



IMG_20221114_105232_r2.jpg
「いえしま自然学習センター」には山というか丘を越えて行くことになります。
歩くだけなら15分くらいでしょうか。景色も楽しめます。



IMG_20221114_105737_r2.jpg
途中にあったバイオトイレ。


nishijimamap.jpg
島はこうなっています。桟橋から中央地区に向かいます。


スクリーンショット 2022-11-22 133958
中央地区です。ドローンで撮りました。

ドローン映像はこちら
クリアカヌー体験の時に撮ったものです。


IMG_20221114_111810_r2.jpg
センターでの入所式。萩本様からお話を聞きます。


IMG15157_r2_20221122111548e35.jpg
萩本さん。お会いするのは2年ぶりです。

新たな社会問題となりつつあるこどもの「ネット依存」の防止対策の一環として、
ネット利用を見直したい県内青少年を対象とした野外炊事等の自然体験や日常生活の
ふりかえり等を行うキャンプがここ西島で行われていたのですがコロナで島での開催は中止に。
代わりに時期を秋にして「神戸三田アウトドアビレッジ」で開催され、その時、来られていたのです。
当時は所長さんでした。現在は「いえしま自然体験協会」の副会長です。
上の写真はその時のものです。
レポもありますよ。 


IMG_20221114_112552_r2.jpg
さあ今から「地引き網体験」に向かうのですが、危ない魚がかかることもあると言うことで
センターの関谷さんからそのへんを説明していただきました。



IMG_20221114_113632_r2.jpg
それでは行きましょう ちなみに「地引き網体験」の後はクリアカヌーですよ。


IMG_20221114_115517.jpg
地引き網。。。目の前で漁船が網を仕掛けていきます。それを両側から引っ張るのです。



IMG_20221114_120429_r2.jpg
魚を追い込むには網は平行に引かないといけません。



IMG_20221114_114905_r2.jpg
なので船頭?さんが指示を出します。



IMG_20221114_115048.jpg
捕れたかな!



20221114_地引網_r2
昨日の雨のせいか不漁な結果に(T_T)。
おまけでもう1回やってもらいましたけどダメ。。。
そもそも魚が減っているそうです。地元でも地球温暖化と関係があると言われています。




20221114_サバフグ2_r2
いました。これ、危ない方の魚です(。゜▽゜) それでなくても捕れた魚少なかったのに。。。
黒いバケツなんですがイカの墨です。



20221114_アオリイカ_r2
そう、こいつらが吐いたんです



20221114_サバフグ、マダイ、クサフグ_r2
捕れた魚は天ぷらにして食べる予定でしたが、人数分も捕れてないし、見てると可哀想に
なったので逃がしてやることになりました。
魚の説明を聞いてるうちに愛情がこみ上げてきたこともあります。。。



20221114_サバフグリリース_r2
今回の地引き網には「海洋漂流ごみ」は引っかかりませんでした。
このきれいな浜、実は人工の浜なんだそうです。
徐々に自然の浜になりつつあるそうです。
その証拠は悲しいことですが、今問題になっているマイクロプラスチックが砂の中に
混じっていること。
海岸のゴミは拾えてもマイクロプラスチックの除去はできません。


IMG_20221001_131601.jpg
こちらの写真は10月1日に行われた中高生を対象とした「海ごみ環境学習」の時のもの。
この「漂流ごみ」だらけの浜は「野外活動浜」と言って、入り江の反対側にある自然の浜。
センターの浜と対比するとそのゴミの酷さがよくわかります。
今日は時間の関係で行くことができませんでした。


IMG_20221114_123242_r2.jpg
お昼です。地元の食材を使った手作りのお弁当に大満足。



IMG_20221114_124617_r2.jpg
さっき捕れたイカも出てきて。。。
え、逃がしたんじゃなかったの?
実はイカくん、弱っていたので命をいただくことにしたのでした。。。



IMG_20221114_131423_r2.jpg
午後からはクリアカヌーです。底が見えるようになっていて海中を観察することができます。
最初にカヌーの漕ぎ方、助けを求める方法を教えてもらいます。



IMG_20221114_132335_r2.jpg
出発です。
結構みんな遠くまで行ってました。
これは太陽ギンギンの季節の方がイイかもです。今日は薄曇り。
この後、サザエを焼いて食する予定だったのですがこちらも不漁でおあずけに。。。(T_T)



IMG_20221114_150302_r2.jpg
楽しそうな場面だけ紹介していますが。これは遠征研修。お勉強もしています。

川西の虫生川で保全活動をされている方から里山における不法投棄について。
里山の保全は不法投棄との戦いでもあるんだと。
虫生川も活動当初はひどい状態で、最初はゴミの引き上げから始まったそうです。
猪名川も不法投棄が激しく、地元住民や保全団体が頻繁に掃除していますが一向に減らないんだと。



IMG_20221114_143906_r2_202211221259388d6.jpg
そう、ここ瀬戸内には街から、川から、外国から、流れ着いたゴミが漂流して集まって来ます。
先ほどの関谷さんから、どんなものが、どこから来てるのかお話をがありました。
そう言えば2017年の遠征研修で訪れた淡路島の成ヶ島も酷い状況でしたね。



IMG_20221114_151511_r2.jpg
退所式です。
萩本さんから海を守る為にも山や街でガンバってほしいとのエールがありました。
センターの皆さん今日は1日ありがとうございました!



IMG_20221114_152330_r2.jpg
桟橋に向かいましょう。


IMG_20221114_153202_r2.jpg
何はともあれ、雨は降らず、そんなに寒くもなく、風も強くなくてよかったです。



IMG_20221114_154326_r2.jpg
後を追って関谷さん達がお見送りに来てくださいました。ゴルフカートみたいな電気車に乗って。
そう言えば軽トラも電気車でしたね。エコだけでなく島の事情もありそうですね。
西島は家島諸島では一番大きい島なのですが、住民はいないようです。
台風被害などに備えてセンターには自家発電装置があります。
家島には水は本州から海底パイプラインを通って来ています。赤穂から家島本島まで約13kの
送水管は日本最長なんだとか。かつては船で運んでたんだと。



IMG_20221114_154834_r2.jpg
桟橋に船は来ていました。
全部見切れてないです。みなさん今度はプライベートでどうぞ。

遠征研修無事終了です。