-->

連続ミッション。。。遺存植物救出作戦?!(ブナ守シンポジウム)


DSCN1158 (1024x768)
パーカー②号連日の出動です。
葉っぱブランドで売り出し中の木製さじ?メイキングの説明ですね。
左からマサカリ(また出てきた!)で伐って、割って、板にして、形決めて、削り出しハイ3000円?ではないんですよね。
実はこの葉っぱのデザイン、ブナの実生?をデザインしたもの。大きな希望が描かれているような?あくまでもパーカーの想像です。
ここはセレクトショップでも、工房でもなく川西のアステホール。

でポスターどうぞ!



DSCN1162 (768x1024)
「能勢妙見山ブナ守の会」主催シンポジュウムにやって来たのでした。
どこかで見た顔が。。。。



DSCN1168 (768x1024)
ワタシもよくお世話になっている栃本先生。
大学院の修士論文が六甲山のブナ植生がテーマだっとか。それで妙見山のブナ林も調査。
六甲山とは比べ物にならない規模の植生だそうです。
標高が低いのになぜ?
やはり信仰の山として守られてきたのが一番の理由とも。
そもそもブナは寒冷ところが好きな植物。温暖好きの植物との攻め合いの地が妙見ということです。でも温暖化の加速に負けそう!



DSCN1178 (768x1024)
こちらは高田先生。
中心に活動しているフィールドはどこですかと聞くと。今は世界ですと (。゜▽゜)
スケールの大きな先生でした。
俯瞰的な山を見ないと絶対に健康な山にならないと力説。
泥・砂・土・石・岩この5つから山が始まると。それにあった木が育つんだそうです。
妙見大菩薩に通ずる何かインスピレーションを感じずにはいられませんでした。



DSCN1180 (1024x768)
午後はその妙見山へ!妙見菩薩の額が目を引きます。
お寺なのに鳥居?いいんです。これが神仏習合。みんな集合!で~す。
(いいのかな)


DSCN1184 (768x1024)
これがかっこいいんですよね。北極星をモチーフした星嶺



DSCN1191 (1024x768)
本堂の横にはそっと「ブナ守」の拠点が・・・多分。
おっ!能勢の菊炭が・・・黙っとこっと。



DSCN1198 (1024x768)
いよいよ裏斜面に広がるブナ林へ。
このお山はそれはそれは固いチャートを基盤に持っていて、その割れ目から水が北側に染み出ているとか。それがブナ林として残った一要因だそうです。
しかし、でかい!妙見山は兵庫県と大阪府の県境にあります。ブナ林はどちらも天然記念物指定。



DSCN1200 (1024x768)
温暖なところが好きな立派なアカガシも見えます。ここが攻防の場所ですね。
いろんなものが生えているのも健全な証拠。
ただ、でかい木ばかりは老木ばかりで心配。次へ続かない?
右には一昨年の台風21号で倒れたブナの巨木。倒れても2年近く水を上げ続けていたようです。
樹齢は約300年ぐらいか?広葉樹の寿命でもあるようです。その後は。。。。



DSCN1205 (1024x768)
大きな青空がのぞいていました。ギャップというそうです。
陽が入り次の世代への日光を提供します。ところが、シカ害で若木が・・・・



DSCN1216 (1024x768)
途中、栃本先生が説明しているのはウラジロノキの巨木。(ウラジロノキまでが和名ね!)
通常、薪などになってあまり大きく育ちません。ところが手を広げるぐらいの大きさに育っています。
誰も最初ウラジロノキとは思わなかったようですが最近「ブナ守」さんが発見したとか。
まちがいなく日本1大きなウラジロノキのようです。着生植物もたくさん。本物のシノブ。



DSCN1221 (1024x768)
これは妙見で1番大きなアカガシ。



DSCN1224 (1024x768)
こうすれば大きさがよくわかると思います。これもすごい!



DSCN1227 (1024x768)
これは、アカガシのドングリキャップ。ビロードのような産毛がなんとも言えません。


DSCN1268 (768x1024)
アカガシの板根(ばんこん)。土が薄いのでこのように地上に出てきたらしい。
痩せた人のあばら骨みたいなものか?全然違いますね。こちらはマッチョ。



DSCN1250 (1024x768)
これはブナの実の殻。この中に小型の栗のような実が入ります。若木の元。
しかし温暖な地域では虫や、動物のエサになりなかなか発芽までも行かないとか。
発芽すればシカが待ってまーす!御難ですな。



DSCN1253 (768x1024)
やっぱりすごいわ~!ブナちゃん。だーいすき!


DSCN1260 (768x1024)
保護の柵。シカの食害を防ぎ若木の成長を待ちます。気の長くなる戦いです。
頑張れ「ブナ守」頑張れ「ブナちゃん」お金はないけど応援してるよ。



DSCN1279 (768x1024)
おいしそうなキノコです。ツキヨタケ。光るそうです。
でもクリスマスツリーのようにはいかないみたい。毒キノコです。
いかにも食べられそうなので中毒者が多いそうです。ブナの枯れた木にたくさんで出てました。
分解者のひとつでしょうね。次への土づくり。万年単位の時間サイクル。しかしここは今、賽の河原。
育ちかけたかと思うと鬼ならぬシカがが出てきてムシャムシャ。
シカは神の使いといわれるのにな~。



DSCN1281 (1024x768)
で、最後はお参りをしてブナの安全祈願をいたしました。
今回の出動、ペネロープ様にお褒めいただきました。これ得意分野(笑)

関連記事