3.黒川桜の森は満開を過ぎていた?

DSC_0261.jpg
「2日おそかったよ」(平成28年4月5日)
そう言われました。
「2日前がピークだよ」と

それでもエドヒガンのピークがそうであって他の桜はこれからです。
エドヒガンはソメイヨシノと違って個性豊かです。
石田先生 
エドヒガンが個体によって開花時期が違うのに加えて山桜や他の桜も自生しているので
それらがクロスする日が一番華やかなのだと言います。

素人には何がピークかわかりませんし、後半は天気が崩れましたが黒川桜の森も満喫できたのでした。その時の様子はコチラです。
ということで来年(平成29年)もやろうと言うことになりました。

suimeidai.jpg 平成29年のツアーは安全策を増やすことにしました。
水明台・渓のサクラを加えることにしたのです。

水明台は同じ川西でも南に位置します。例年3月の第4週から花見の為の一般開放が始まっています。
問題は曜日でした。

サポーターズクラブのツアーはこれまで平日に開催していました。
でもそれでは参加できない方も出てきます。そこで始めて土日にやろうということになりました。
そうすると4月1日(土)か4月8日(土)になります。
そこで咲くのが、もひとつ早い水明台を加えて4月1日(土)としたのです。
黒川桜の森のピークが4月3日だったということでしたし、もし黒川地区の開花が遅くても水明台なら半日は楽しむことができるからです。

そして雨の場合のセカンドプランも用意することにしました。
万全を期した案?のハズでした。
関連記事