1. 昨年の桜はどうだったのか

DSC_0141.jpg ドローンによるエドヒガンの空撮
北摂の里山を再生し保全する活動。その拠り所のひとつにエドヒガン(桜)があります。
エドヒガンとクヌギは猪名川流域の里山を語る2大要素です。
しかしながらエドヒガンについてはあまり触れることがありませんでした。
そこで昨年の春、「北摂の里山 エドヒガンと山桜」というサイトを立ち上げ、サポーターズクラブとして桜ツアーを始めて企画しました。

DSC_0069.jpg
妙見の森の桜
開花が毎年予測できない花見ツアーは設定日が難しいです。
特に桜は開花期間が短いのでなおさらです。
昨年は4月5日としました。募集は1ヶ月前からなので予測はつきません。
安全策はありました。
黒川の桜を見に行くツアーですが、一口に黒川といっても黒川桜の森は標高約200m、
妙見山は600mです。
つまりどちらかは咲いているだろうということでした。
DSC_0236.jpg  
最初に訪れたのは妙見の森です。その時の様子はコチラでご覧ください。
関連記事