-->

炭焼き体験 in ひとくら公園(火入れ・窯焚き編 雪だっ!鹿だっ!)

またまた炭焼きレポートのあっきーです。

前回と同じだろうって? そう、叱からないでください 今回は事件・事件です


 

20190127_01_R.jpgこれですよ、コレ! 雪が降った!降った!!

 


20190127_02_R.jpg入り口ゲートから駐車場に向かう道。。。綺麗いいい~

とか呑気なこといってる場合じゃない

開始時間30分遅らせてのスタートに

  

 

20190127_03_R.jpg窯に火を入れたのは8時35分

ここから約8時間、消えないように火と向き合います

「ひとくら森のクラブ」さん達です



 

20190127_04_R.jpg真剣勝負の窯の横では、大人が火と木と道具を使って遊んでました

大人が真面目に遊ぶのっていいなあ

 


20190127_05_R.jpg9時半過ぎ 炭焼き体験スタート!

雪の中、大変でしたでしょうが、ここからココからですよ!


 

20190127_06_R.jpg

まずは、窯の入り口で薪を投入する体験から

窯の燃やし始めは水蒸気と一緒にすごい煙が出てきます

窯の中の温度が上がるまで薪の投入は続きます

 

 20190127_07_R.jpg

窯への薪入れ作業を一通り経験した後は、一庫公園内の散策です

こんな雪景色。。。なかなか見れないですよ

 

 

20190127_08_R.jpg

そういえば来週は「こども北摂里山探検隊」がここであるそうです

 雪、大丈夫かな?

 

20190127_09_R.jpgこれなんかは雪の綿みたいですね

  

 

20190127_10_R.jpg

一庫公園の植物や植生管理について説明を受けながら歩いていきます

 

 

20190127_11_R.jpgだんだん天気も回復してきました

寒いのは変わらないけど(>_<)

 

 20190127_12_R.jpgこの遊歩道はバリアフリーになっているので、車椅子やベビーカーでも通れます

一庫公園は駐車場も無料ですし、お金使うとこもないのでいいですよ(笑)


 

20190127_13_R.jpg散策から戻ると飾り炭づくりです 缶の中に入れて蒸し焼きにするんです

何を炭にしようか思案中・・・


 

20190127_14_R.jpgこんなんで炭になるのかなあ


 

20190127_15_R.jpg待っている間に「モグモグタイム」

サツマイモやジャガイモを焼いたり、お餅を焼いてぜんざいに入れたり

おにぎりを温めたり・・・


 

20190127_16_R.jpg機械で薪割りをしたり

「めっちゃ楽しい!」って大喜びのご様子

 

そんなまったりタイムの中、事件発生!

 

 20190127_17_R.jpg

網で囲っているクヌギエリアに親子のシカが侵入!

放置すればシカにクヌギが食い荒らされてしまいます!

このクヌギが実は炭の原料なんです

  

 

20190127_18_R.jpg

結局、網の外に追い立てたのですが、あたりにはシカの糞がいっぱい

日常的に侵入している可能性が、、、、、

シカとの戦いもあるんですね


 

20190127_19_R.jpg

木を取り戻し、窯へ

入り口を閉める合図「蛇の舌」が出てきました

窯の入り口の上の方に、炎が蛇の舌のようにペロッと

いよいよ窯の蓋を閉める時が来ました 

 

 

20190127_20_R.jpg

熱い熱い窯の前

レンガで蓋をするのも大変な作業です

 

 

20190127_21_R.jpg16時頃、ようやくすべての作業が終了しました 炭出しは2月9日 

 一庫公園での炭づくりはこの2回だけですが、1年を通して山を守り、クヌギを育て、鹿と戦っているのです 

「ひとくら森のクラブ」さんに感謝です

 

20190127_22_R.jpg

帰るころにはいい天気になっていました

一庫ダムに沈んでいく夕陽がとてもキレイでした

 

というキレイなまとめ方で終わっておこう!


「あっきー、2月9日の炭出しは来ないの?」。。。ご勘弁を(謝)(あっきーがしかられる)

関連記事