5.予兆は昨年からあった?

IMG00243.jpg 黒川桜の森 4月13日

「満開の桜が見たい」
意地になって黒川に日参することになった。

0405 4月5日 妙見ケーブル いつもなら線路沿いに咲いている桜はない
0408 4月8日 黒川桜の森(国道から) 満開に近づいてきたが雨と風が心配
IMG00101.jpg 4月9日 一庫公園 冬の景色のよう
IMG00099 (Custom) 一庫公園のエドヒガン群落が天然記念物に指定され、そのシンボルは「さくらひとくら」と名付けられました。こちらはもっと遅くなりそうです。
IMG00411.jpg 4月13日 妙見の森の「出会いの妙桜」 やっと咲きました。
IMG00169_HDR.jpg 黒川桜の森にも春が・・・IMG00172.jpg クヌギと桜のデュエットですIMG00207.jpg ケーブルにも花道が

例年より10日遅れ、この10年では2番目に遅い開花? それが今年の桜でした。
そして昨年と同じく早咲きのエドヒガンと他の桜の開花の間隔が短くなっているようでした。
「地球温暖化の影響?」に結びつけてしまうことは簡単ですがどうなんでしょう。
ただ言えることはこの1週間の為に桜を守り続けている人たちがいるということです。

北摂の桜を守りつづける人たちの活動はコチラで見ていただくことができます。

関連記事